スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
[Ubuntu] hp-toolboxでhp psc1210の詳細設定
投稿日時 : 2007-11-29 19:56
Ubuntuにプリンタのhp psc1210をつなぐと、特に何もしなくてもCUPSで自動認識されて難なく使えて驚いた。
しかしWindows機でドライバを入れる時にいっしょにインストールされる、詳細な設定やメンテナンスをするようなツールがない。仕方ないかと諦めてたら、どうやらhplipというものを使えばGUIで詳細に設定をいじれるようになりそうなことが分かった。 しかもhplipはUbuntuにはデフォルトで入ってるらしい。
で、hplipの公式サイトHPLIP How-Tos - Connectionにしたがって、プリンタをつないだ状態で
/usr/lib/cups/backend/hp
でpsc1210を認識させることができた。
で、hp-toolboxを起動させようとしたところ
error: PyQt not installed. GUI not available. Exiting.
error: PyQt init failed. Exiting.
依存するライブラリがないというエラーが。PythonのQt関係のパッケージを入れろということかなんだろうけどなんかいっぱいあってよく分からない。調べるとhplip-guiというのを入れれば依存パッケージとして自動的にインストールされるっぽいことがわかった。
hplip-guiをインストールする。
$ sudo apt-get install hplip-gui
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
Reading state information... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
python-qt3 python-sip4
提案パッケージ:
python-qt3-gl python-qt3-doc libqt3-mt-mysql libqt3-mt-odbc libqt3-mt-psql python-qt3-dbg python-sip4-dbg
以下のパッケージが新たにインストールされます:
hplip-gui python-qt3 python-sip4
Python-qt系も同時にインストールされる。
hp-toolboxを起動する。
$ hp-toolbox
hp-toolbox
左ペインに「HP PSC1200 series」とあり、正しく認識されている。
スポンサーサイト
2007-11-29 19:56 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
Ubuntuメモ - サービスのON/OFF
投稿日時 : 2007-11-29 17:24
Ubuntuでシステム起動時のサービスのon/offを切り替えるにはsysv-rc-confコマンドを使う。
 
デフォルトでは入ってないのでインストール。
$ sudo apt-get install sysv-rc-conf
サービスのon/off一覧を表示
$ sysv-rc-conf --list [ サービス名 ]
サービス名を入力すれば個別表示が可能。
サービスのon/off切り替え
$ sudo sysv-rc-conf [--level ランレベル] サービス名 <on | off>
試しにboinc-clientサービスのon/offを切り替えてみる。
$ sysv-rc-conf --list boinc-client
boinc-client 0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
$ sudo sysv-rc-conf --level 2345 boinc-client off
[sudo] password for itmst:
$ sysv-rc-conf --list boinc-client
boinc-client 0:off      1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
$ sudo sysv-rc-conf boinc-client on
$ sysv-rc-conf --list boinc-client
boinc-client 0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
最後の3行のように「--level」オプションなしでランレベルを指定せずにon | off するとデフォルトで「--level 2345」が指定されたとみなされるようだ。
FedoraなどのRedHat系ディストリビューションではsysv-rc-confではなくchkconfigコマンドを使う。使い方はsysv-rc-confと同じ。
RedHat系ディストリビューションの場合
$ chkconfig --list [ サービス名 ]
# chkconfig [--level ランレベル] サービス名 <on | off>
ちなみにスーパーサーバ型のサービスのon/offの場合はランレベルの指定は不要。
2007-11-29 17:24 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。