スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Linuxメモ updatedb
投稿日時 : 2007-12-11 04:25
 Ubuntuマシンが何もしてないときに突然HDに激しくアクセスし始めたので、topコマンドで見てみると、updatedbなるプロセスを発見。調べてみると高速ファイル検索コマンドのlocate用のデータベースの構築を行っているようだ。
cronで定期的に実行されるというのは知っていたけど、今までいつやってかよく見てなかった。
/etc/cron.dailyにslocateというシェルスクリプトがある。中を見ると/etc/updatedb.confの設定をもとに/usr/bin/updatedbが実行されていることが確認できる。/etc/updatedb.confではCPU優先度の変更などを行っている。
 
手動で実行する場合は
$ sudo updatedb
-vオプションで処理内容表示。
-uオプションで/(ルート)から処理開始(デフォルト)。
-U pathオプションで処理開始ディレクトリ指定。
-e dirsオプションで除外ディレクトリをカンマ区切りで指定。
 
スポンサーサイト
2007-12-11 04:25 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。