スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
MobaLiveCDでWin上の一つのウィンドウとしてLinux起動
投稿日時 : 2008-05-05 16:17
1CD-Linux等のLiveCDをWin上で起動するMobaLiveCD :教えて君.net
 
という記事を見つけたので早速試してみた。
 
MobaLiveCD - Run your LiveCD on Windows
 
 MobaLiveCDはダウンロードしたらインストール不要でいきなり実行するだけで起動する。後はLiveCDLinux(1CDLinux)のisoイメージファイルを指定するとエミュレータのQEMUが起動してその中でLinuxが起動する。まあつまりMobaLiveCDはQEMUの設定なんかを全自動でやってくれるアプリケーションということです。  
 
どのLiveCDLinuxを使うかは好みです。多数存在するので以下のサイトからいろいろ試してみて下さい。
ライブCDの部屋  
 

■マシン構成

Pen4 2.66GHz
1GB RAM
Windows XP Pro SP2
 

■Ubuntu 8.04を試してみる

 とりあえず手元にUbuntu 8.04のisoがあったので試してみた。基本的な使い方は冒頭のリンクからどうぞ。結論から言えばこのスペックでは動作が重すぎて使いものにならなかった。起動するまで10分近くかかってフリーズしてるのかと思った。今のハイエンドなマシンならもっとまともに動くハズ。低スペックマシンな人はUbuntuの軽量版ディストリビューションEcolinux-lightとかいいかもしれません。
 

■まとめ

 他のLiveCDも試してもいいけど結局QEMUの動作速度の評価になってることに気づいてしまったので終了します。まあ初心者の手の出しやすさという点ではかなり評価できる。Linuxに興味を持った初心者を苦しめるisoファイルの焼き方を知らなくてもいいわけだし。焼いたり再起動したりの手間がかからないので、片っ端からいろいろなLiveCDLinuxを試したいときには重宝しそうです。iso右クリック時のメニューに「Test this with MobaLiveCD」というのを追加できるらしいのでより便利。
 
 
スポンサーサイト
2008-05-05 16:17 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。