スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Firefox拡張『Dropfox』一般公開開始
投稿日時 : 2008-11-29 01:57
更新日時 : 2009-02-09 12:49
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 Dropboxなどで異なるOSやPC間でプロファイルを共有する際に、それぞれの実行環境固有の設定を適用する仕組みを提供するFirefox拡張機能『Dropfox』の一般公開を開始しました。公開はAMOではなく新たに制作したDropfox専用サイトで。
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

インストール

Firefox::Extension::Dropfox::Home::JA
http://dropfox.googlepages.com/home_ja
 
dropfox.googlepages.com screenshot ja
 

■Dropfoxの主な特徴

 Dropfoxは環境変数や通常のJavascriptコードが記述可能な言わば「拡張版 user.js」をWINNT/Linux/Darwinの3種類のOS用に個別に保持できます。Dropbox等でプロファイルフォルダを複数環境で共有する際に、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。プロファイルフォルダ外部の任意の設定ファイルも合わせて使用することができます。
 
以下に主な特徴を列挙します。
  • Windows/Linux/Mac用に個別の設定ファイルが使用可能
  • 設定ファイルは基本的には prefs.js や user.js と同じ書式
  • 設定値に ${HOME} や ${USERPROFILE} のように環境変数が記述可能
  • 設定値に ${ProfD} のようにMozilla定義の特殊フォルダ変数が記述可能
  • プロファイルフォルダ外部の任意の設定ファイルもOSごとに指定可能
  • 外部設定ファイルを指定するパスにも変数が記述可能
  • 設定ファイルには if文 などのJavascriptコードも記述可能
  • 各設定ファイルはFirefox起動時にOSに応じてロードされ実行される
  • 変数は実行時に変換される
その他詳細は上記公式サイトのマニュアルページを参照してください。  
 

■AMOでの公開はサブで

 ここで最初のバージョン公開の告知を行ってから1ヶ月が経ちましたが、AMOでレビューがつかないので公開申請できていません。当初の予定ではAMOで一般公開するつもりでしたが、有名な拡張開発者の方々も公開までに長い時間待たされているようで、AMOのシステム自体の問題点も多く指摘されていす。
 で、この先バージョンアップするたびに、「アップロード→レビュー待ち→レビュー審査待ち→公開申請→世界に20人ぐらいしかいないエディタによる審査(日本人エディタは一人しかいない)→公開」というプロセスを経る必要があります。考えただけでイヤになってきたので自前のサーバで一般公開し、サブでAMOでも公開するという方針でいくことにしました。
 
 

■英語サイトもあります

 がんばって英語版サイトも作りました。いやーもっと英語勉強しとけばよかったと使うときだけ思いますね・・・。英語わかるひと、意味が通じないとか誤解を生むような記述があれば指摘してください。本当に助かります。
 
 
スポンサーサイト
2008-11-29 01:57 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。