スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Dropboxのサポート対応が異常に早くて感動した
投稿日時 : 2008-12-17 14:52
 Dropboxのアカウント作成したときに寝ぼけていたのかアカウント名が「itmst71」としたつもりが「itsmt7」になっていました。メイン画面の方の表示名は後から設定で変更できたんですが、フォーラムの方の表示名は更新されずそのままになってしまいました。
 問題ないと言えば問題ないんですが、若干気持ち悪いのでサポートにメールして修正してもらうことに。
I miss-typed my account name at registration.
I could modify it later in the account settings menu.
Dropbox » Account > Account Settings > Display Name
 
But Forums' display name is still miss-typed one.
I couldn't find the way to change it.
Can I change it ?
The current wrong name is "itsmt7".
I want to change it to "itmst71".
My registered e-mail address is
itmst71@gmail.com
 
Please.
でまあすぐに対応してもらえるとはぜんぜん思ってなくて1~2週間ぐらい様子見るかというぐらいのつもりだったんですが、寝ておきてフォーラムページを開くと・・・
 
itsmt71
 
おぉ!!対応はえぇー
ん・・!?・・・おぉ!?
 
itsmt71
 
ちょwwww 「itmst71」だって言ったのにw。タイプミスの修正でタイプミスってww。仕方なく再度メール。
Hi support team.
Thank you for modifying my Forums' display name so quickly.
But the modified name is NOT what I requested.
It is NOT "itsmt71" BUT "itmst71".
そしたらなんと26分後に返信が
Sorry about the typo, it's done :)
 
Michael N
 
やっぱ対応はえぇー!
ということで期待していなかった分余計に感動してしまいました。
 
mail
 
 
思えばフォーラムページでもユーザの質問とかに大体そう間をあけずに答えてる。そんなに大人数で運営してるわけでもないだろうに頭が下がりますね。
 
 
スポンサーサイト
2008-12-17 14:52 | Diary | Comment(3) | Trackback(0)
Firefox拡張 Dropfox 0.2.2 リリース
投稿日時 : 2008-12-16 12:16
更新日時 : 2009-02-09 12:50
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 DropboxでのFirefoxのプロファイル共有をサポートするアドオンDropfoxのバージョン0.2.2をリリースしました。コンフリクトファイル検索を非同期処理に変更しました。
 
Dropfox 0.2.2 abort button
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

Dropfox 0.2.2 の主な変更点

  • コンフリクトファイル検索を非同期処理に変更
  • コンフリクトファイル検索に中断ボタン追加
 

インストール

Dropfox公式サイト
 
addons.mozilla.org
 
上記2つのリンク先のどちらからでもインストールできますが、addons.mozilla.orgの方はアカウント登録が必要です。addons.mozilla.orgでインストールした場合にアップデートチェックが機能していない原因がまだよく分からないのでよかったら公式サイトの方でお願いします。
追記(2008/12/21 12:30):サンドボックス内のアドオンはアップデートサービスが利用できないことが分かりました。
 

コンフリクトファイル検索が非同期処理に

 コンフリクトファイルの検索時に若干負荷が高かったので非同期処理に変更しました。たぶんサクサク動きます。
 

コンフリクトファイル検索に中断ボタン追加

 念の為。
 

非同期処理に関する技術的なメモ

 非同期処理にはnsITimerを使いましたが、今回ハマったのがnsITimerが使えるようになるタイミングでした。設定の書き換えはprofile-after-changeイベント発生時に実行しています。前バージョンの0.2.1まではこれと同時に同期処理(再帰処理)でコンフリクトファイルの検索・削除もやっていました。今回同期処理部分をnsITimerで一定時間ごとにループする擬似的な非同期処理に変更したわけですが、オプションウィンドウからの実行やFirefox終了時には正しく動作するのに、Firefox起動時の処理だけうまくいきませんでした。まったく動かないわけではなく、ルートフォルダは検索できるのにタイマー動作でサブフォルダを見に行ってくれない。なのにエラーも出ない。スコープ系の問題かとも思いいろいろ試してみましたが変化なし。
 でまあ結論を言うと、profile-after-changeイベント発生時ではなく、その少し後に発生するfinal-ui-startupイベント時に実行するとちゃんとnsITimerが動作しました。どっか書いてあるんだろうかこれ。いやまあ書いてあるんだろうな・・・自分の無知を嘆くしかないですね。
 
 
2008-12-16 12:16 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
Firefox拡張 Dropfox 0.2.1 リリース
投稿日時 : 2008-12-15 10:46
更新日時 : 2009-02-09 12:50
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 DropboxでのFirefoxのプロファイル共有をサポートするアドオンDropfoxのバージョン0.2.1をリリースしました。Vistaでオプションウィンドウの「コンフリクト」タブの表示が「コンフリ・・・」となっていたのを修正するなど細かい変更ばかりです。
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

Dropfox 0.2.1 の主な変更点

  • Vistaでオプションウィンドウの「コンフリクト」タブのラベルが横幅が足りず表示しきれていなかったのを修正
  • コンフリクトアイテムの削除の失敗時にメッセージを表示するように
  • 実際の実行結果報告のメッセージに「テスト実行終了」と表示されていたのを修正
 

インストール

Dropfox公式サイト
 
addons.mozilla.org
 
上記2つのリンク先のどちらからでもインストールできますが、addons.mozilla.orgの方はアカウント登録が必要です。addons.mozilla.orgでインストールした場合にアップデートチェックが機能していない原因がまだよく分からないのでよかったら公式サイトの方でお願いします。
追記(2008/12/21 12:30):サンドボックス内のアドオンはアップデートサービスが利用できないことが分かりました。
 

コンフリクトアイテムの削除の失敗時のメッセージ

わざとコンフリクトファイルを読み取り専用にしてやってみました。
 
remove error
 
普通に使ってれば目にすることはあまりないと思います。
 
 
2008-12-15 10:46 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
LinuxのFirefoxアドオン設定画面でOKボタンなどが表示されない件
投稿日時 : 2008-12-15 10:43
 Firefoxでアドオンのオプションウィンドウを開くとOKボタンやキャンセルボタンが表示されるものと、閉じるボタンしか表示されないものがあります。はじめはそういうふうに作ってあるからだと思っていたんですが、同じアドオンでもWindowsではOKボタンと閉じるボタンがあるのにLinuxだと閉じるボタンしかないというケースがあるのに気づきました。TabMixPlusのように両環境ですべてのボタンが表示されるアドオンもあります。
 

原因

 これが自分のアドオンのDropfoxの開発中にも再現したので観念して原因を探ってみたところ、オプションウィンドウのXULのルートエレメントがprefwindowの場合に閉じるボタンだけになり、同じくルートエレメントがdialogやwindowの場合はOKボタン、キャンセルボタン等、ソースで指定した通りに表示されることが分かりました。
 なぜこんなことが起こるかというと、UbuntuのデフォルトのウィンドウマネージャであるGNOMEの設定ウィンドウにはOKやら適用やらキャンセルやらのボタンが「基本的には」ありません。変更した値は自動保存されます。これはMacでも大体同じだと思います。で、Firefoxのprefwindowもウィンドウマネージャのデフォルトの動作に倣って、自動的にOKボタン、キャンセルボタンを非表示にするという仕様のようです。dialogやwindowをルートエレメントとした場合は設定ウィンドウとはみなされないのでこの仕様の影響は受けません。そんなわけですべての環境で統一したGUIを提供したい場合はprefwindowは向いていないようです。
 
技術的に正確で詳細な情報は以下を参照するとよさげです。
MozillaZine.jp :: トピックを表示 - prefwindowのtype属性について
 

対応策

 検索してみるとこれは結構有名な話のようで簡単に解決策が見つかりました。アドレスバーに「about:config」として詳細設定画面を開き、
browser.preferences.instantApply
の値をfalseにします。これでLinuxやMacでもWindowsと同じようにソース通りのボタンが表示されるようになります。
 
 正直、デフォルトでfalseにしておくか、ユーザやプログラマが簡単にtue/falseを切り替えられるような仕組みが提供されていてもよさそうな気もしますが、昔から変更される気配がないので自分で設定するしかないようです。実行プラットフォームのガイドラインに即しているわけですし。
 
 
2008-12-15 10:43 | Firefox | Comment(0) | Trackback(0)
コンピュータオタク度(Geek度)を判定する「Geek Test」
投稿日時 : 2008-12-13 20:55
 自分のコンピュータオタク度(Geek度)が判定できるという「Geek Test」なるものがあるらしいのでやってみた。
 
オタク度を判定する「Geek Test」を試してみた - GIGAZINE
 
それなりに硬派なPC好きというのが自分のイメージなんですがどんなもんでしょうか。テストは以下のリンクから。
 
[FUALI-DOT-COM] - Geek Test
 
質問内容は次のようなもの。GIGAZINEから拝借。日本人にはよくわからない質問も含まれていますが。
GIGAZINE
1.いま現在4つ以上のターミナルを開いていますか?
2.そのうち2つ以上はrootアカウントですか
3.寝室またはリビングにCISCOのハードウェアを置いてますか?
4.リアルで彼女/彼氏/配偶者がいますか?
5.Ween最強!だよね?
6.ロードオブザリングを複数回読みましたか?
7.着る前に服のにおいをかぎますか?
8.(ベッドではなく)ソファか布団で寝ますか?
9.飲むほうですか?
10.War Gamesを見ながら「8インチフロッピーやべえ!」と言ったことがありますか?
11.送信するeメールは必ず一語はl337(leet:おたくが使うギャル文字みたいなもの)を含む。
12.l337の方が速くタイピングできる。
13.推奨されていないOSにソフトウェアを移植したことがありますか?
14.そのときは動きましたか?
15.プログラムを書いて定時に実行させるように設定して仕事を丸投げできますか?
16.童貞ですか?
17.いまだに童貞であることを嘆いて泣きながら眠りについた夜はありますか?
18.「聖杯伝説(アーサー王伝説)」は基本的に暗記してる。
19.三日以上風呂(シャワー)に入らなくても平気。
20.ドメインを持っている。
21.3つ以上コンピュータを持っている。
22.そのうち少なくとも2台は肉眼で見たことがない。
23.いま話についてこれていますか?
24.「週末にLinux導入しようと思うんだけど、ひま?」と電話がかかってくる。
25.(コミケのような)集会にはよく顔を出す。
26.ウェブカメラで中継されている女の子少なくとも2人と知りあいですか?
27.知り合いだと思っているそれらの女の子と実際に会ったことは?
28.スパイダーマンはウルヴァリンに勝てると思いますか?
29.それについて友人と議論したことはありますか?
30.失墜したドットコム企業で働いていましたか?
 
で、結果。
I am 43% Geek.
Geek? Yes, but at least I got social skills.
You probably work in computers, or a history deptartment at a college. You never really fit in with the "normal" crowd. But you have friends, and this is a good thing.
 
中途半端なGeek?という結果にw。正直予想より高いぞw
 
いやまあ確かに質問されて部屋を見渡してみればPCx8台、Ciscoルータx5台、Ciscoスイッチx3台とかありますねー。ソファや布団で寝るどころか気づいたらPC前の床で寝てることが度々あるし・・・そしてそれを見越して厚着してるしww
 
2008-12-13 20:55 | Entertainment | Comment(1) | Trackback(0)
Firefox拡張 Dropfox 0.2.0 公開
投稿日時 : 2008-12-11 13:37
更新日時 : 2009-02-09 12:50
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 DropboxによるFirefoxのプロファイルの共有をサポートするFirefoxアドオンのDropfoxバージョン0.2.0を公開しました。conflicted copyファイルの自動削除機能を追加しました。
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

0.2.0での主な変更点

  • コンフリクトファイルの自動削除機能追加
  • 各OSごとにあった実行結果報告の設定をひとつに統合
  • 設定ウィンドウのレイアウトを大きく変更

インストール

Dropfox公式サイト
 
addons.mozilla.org
 
上記2つのリンク先のどちらからでもインストールできますが、addons.mozilla.orgの方はアカウント登録が必要です。あと、まだ詳細未確認ですがaddons.mozilla.orgでインストールすると新バージョン出してもアドオン管理画面のアップデートチェックで「見つかりませんでした」って言われる・・・。サンドボックス内だからなんだろうか・・・?ということで現状、公式サイトでインストールしていただいた方がよさげです。
追記(2008/12/21 12:30):サンドボックス内のアドオンはアップデートサービスが利用できないことが分かりました。
 

Dropfox 0.2.0のスクリーンショット

dropfox code
OSごとに拡張版user.jsが使用可能
dropfox report
実行結果の報告設定
dropfox conflict
コンフリクトファイルの自動削除設定
dropfox test
事前にテスト実行して結果を確認

 

コンフリクトファイルの自動削除機能

 一番大きな変更は、複数マシンで同時に共有プロファイルを使用した場合にどうしても発生してしまうconflicted copyファイルの自動削除機能の追加です。Firefoxのプロファイルに限っての話ですがコンフリクトファイルを無視していても動作にまったく問題はないようだし、無駄なトラフィックが発生する原因にもなります。それに個人的にはコンフリクトファイルの中身を確認して正規ファイルと入れ替えるようなことはしたことがないので、もう自動削除してしまってもいいんじゃないかと思い実装。
 もちろん自動削除機能はデフォルトでは無効になっていますし、除外ファイルや除外フォルダの指定も可能で、削除対象も「conflicted copyファイル」、「Case Conflictファイル」、「Case Conflictフォルダ」から選択できるようになっています(スクリーンショット参照)。

extensionsフォルダは除外した方がいいかも

 大量の拡張機能をインストールしている人はコンフリクトファイルの自動削除の除外指定で「extensions」フォルダを指定したほうがいいかもしれません。検索処理中にマシンスペックによっては少し負荷を感じるかもしれないので。
追記(2008/12/16 23:45):次の次のバージョンの0.2.2で非同期処理になったので除外の必要はなくなりました。
 

conflicted copy ファイル

 ちなみにconflicted copyファイルが生成されるのは、各マシンがほぼ同時に同じファイルに変更を加えた場合にマシン間でファイルの保存権をめぐってconflict(紛争)が起こり、わずかに遅れたマシンの方の変更を
ファイル名 (マシン名's conflicted copy 2008-12-11).拡張子
のように別名で保存する仕組みによるものです。
 

Case Conflict ファイル/フォルダ

 Case Conflict ファイル/フォルダは、ファイル名の大文字と小文字を区別し、たとえばfile.txtとFILE.txtを別のファイルとして扱うファイルシステムを採用しているLinuxのようなOSと、大文字・小文字の区別をせず、file.txtとFILE.txtを同じファイルとして扱うWindowsとの間でファイル共有する際に生成される可能性があります。Caseは大文字(upper case)・小文字(lower case)のcaseです。
 このケースコンフリクトファイルは単にファイル名をfile.txt→FILE.txtに変更しただけで生成されるときもありますが、まったく別の内容のファイルである可能性もあります。Linux-Windowsなどの組み合わせで共有している場合は自動削除の対象にしてよいかよく確認してください。そういった理由でケースコンフリクトファイルの自動削除は「非推奨」としています。
 
Case Conflictファイルは以下のような形式で生成されます。
ファイル名.拡張子 (Case Conflict 1)
 

Dropboxはフォーラムビルドの最新バージョンに

 2008/12/11現在、Dropboxの正式安定バージョンの公開ページで入手できる0.6.402には数多くの重大なバグが含まれています。特にCase Conflictフォルダが削除しても削除しても復活したりどんどん増殖していくというバグがかなりやっかいです(いちどハマりました)。
 2008/12/11現在の最新フォーラムビルドの0.6.427では既にこのバグはフィックスされているようです。自動削除でCase Conflictフォルダを対象にする場合はDropboxのバージョンが0.6.427以上であることを確認してください。
 
2008-12-11 13:37 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
UbuntuのFirefoxでツールバーアイコンが消える件
投稿日時 : 2008-12-03 13:53
 Ubuntu8.10のFirefox3でカスタマイズで自分好みに配置したツールバーアイコンが消えることが今まで度々あった。カスタマイズウィンドウ内にも消えたアイコンは表示されておらず、localstore.rdfを削除してアイコンの配置を初期化して一からやりなおしていました。まあさほど困ってなかったので放置してたんですが、急に原因が気になってきたので調べてみたらあっさり解決。
 
 原因はUbuntuのFirefoxにデフォルトでインストールされる「Ubuntu Firefox Modifications」というアドオンとTabMixPlusの競合でした。この「Ubuntu Firefox Modifications」はパッケージ名「ubufox」としてUbuntuをインストールした時点で勝手に入っています。でこのubufoxが何か重要なものなのかというと
Ubuntu Firefox specific configuration defaults and apt support
 
Extension package for Firefox provides ubuntu specific configuration defaults as well as apt support for firefox plugins/extensions.
 
You can uninstall this package if you prefer to use a pristine firefox install.
ということで大したことをしてないようです。検索すると削除して問題ないとのことなので消えてもらいます。やはりTabMixPlusが優先でしょう。
$ sudo apt-get remove ubufox
 
synapticからubufoxで検索しても出ます。
 
remove ubufox
 
ふつうは削除しなくてもアドオンの管理画面でUbuntu Firefox Modificationsを無効にするだけでいいんですが、うちはDropboxでプロファイルフォルダ共有してるので「UbuntuでFF起動してUFM無効→WindowsでFF起動→UbuntuでFF起動→UFM復活」となってしまうので削除することに。
 

■ubufoxをxpiでバックアップ

 ubufoxは/usr/share/ubufoxにアドオンの構成ファイルそのままで存在してるので、これをxpiにパッケージングしておけばいいかも。ということでやってみた。xpiはただのzipファイルなのでzipで固めて出力ファイルをxpiにすればできあがりです。「-r9」の「r」はサブフォルダを含める再帰処理で「9」は圧縮率。0-9で圧縮率を変更できます。
itmst@vm-ubuntu8:/usr/share/ubufox$ ls
chrome  chrome.manifest  components  defaults  install.rdf  searchplugins.bak
itmst@vm-ubuntu8:/usr/share/ubufox$ zip -r9 ~/Desktop/ubufox.xpi *
  adding: chrome/ (stored 0%)
  adding: chrome/ubufox.jar (deflated 76%)
  adding: chrome.manifest (deflated 80%)
  adding: components/ (stored 0%)
  adding: components/pluginGlue.js (deflated 58%)
  adding: defaults/ (stored 0%)
  adding: defaults/preferences/ (stored 0%)
  adding: defaults/preferences/ubufox-pfs.js (deflated 37%)
  adding: defaults/preferences/ubufox.js (deflated 22%)
  adding: defaults/preferences/ubuntu-mods.js (deflated 59%)
  adding: defaults/preferences/000system.js (deflated 34%)
  adding: install.rdf (deflated 53%)
  adding: searchplugins.bak/ (stored 0%)
  adding: searchplugins.bak/ask.xml (deflated 55%)
これで共有プロファイルとは別のプロファイルに個別にインストールしなおすことが可能。実際に試してみたところ、ubufox.xpi作成→ubufoxをsynapticで削除→FFでUFM消えてること確認→ubufox.xpiをD&Dインストールで一応動いてるっぽいです。
 
 
2008-12-03 13:53 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。