スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Firefox拡張 Dropfox 0.2.2 リリース
投稿日時 : 2008-12-16 12:16
更新日時 : 2009-02-09 12:50
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 DropboxでのFirefoxのプロファイル共有をサポートするアドオンDropfoxのバージョン0.2.2をリリースしました。コンフリクトファイル検索を非同期処理に変更しました。
 
Dropfox 0.2.2 abort button
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

Dropfox 0.2.2 の主な変更点

  • コンフリクトファイル検索を非同期処理に変更
  • コンフリクトファイル検索に中断ボタン追加
 

インストール

Dropfox公式サイト
 
addons.mozilla.org
 
上記2つのリンク先のどちらからでもインストールできますが、addons.mozilla.orgの方はアカウント登録が必要です。addons.mozilla.orgでインストールした場合にアップデートチェックが機能していない原因がまだよく分からないのでよかったら公式サイトの方でお願いします。
追記(2008/12/21 12:30):サンドボックス内のアドオンはアップデートサービスが利用できないことが分かりました。
 

コンフリクトファイル検索が非同期処理に

 コンフリクトファイルの検索時に若干負荷が高かったので非同期処理に変更しました。たぶんサクサク動きます。
 

コンフリクトファイル検索に中断ボタン追加

 念の為。
 

非同期処理に関する技術的なメモ

 非同期処理にはnsITimerを使いましたが、今回ハマったのがnsITimerが使えるようになるタイミングでした。設定の書き換えはprofile-after-changeイベント発生時に実行しています。前バージョンの0.2.1まではこれと同時に同期処理(再帰処理)でコンフリクトファイルの検索・削除もやっていました。今回同期処理部分をnsITimerで一定時間ごとにループする擬似的な非同期処理に変更したわけですが、オプションウィンドウからの実行やFirefox終了時には正しく動作するのに、Firefox起動時の処理だけうまくいきませんでした。まったく動かないわけではなく、ルートフォルダは検索できるのにタイマー動作でサブフォルダを見に行ってくれない。なのにエラーも出ない。スコープ系の問題かとも思いいろいろ試してみましたが変化なし。
 でまあ結論を言うと、profile-after-changeイベント発生時ではなく、その少し後に発生するfinal-ui-startupイベント時に実行するとちゃんとnsITimerが動作しました。どっか書いてあるんだろうかこれ。いやまあ書いてあるんだろうな・・・自分の無知を嘆くしかないですね。
 
 
スポンサーサイト
2008-12-16 12:16 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。