スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Firefox拡張 Dropfox 0.3.1 公開
投稿日時 : 2009-02-23 05:44
更新日時 : 2009-07-07 15:26
最新情報は以下のURLを参照してください。
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-category-21.html
http://dropfox.googlepages.com/home_ja

 
 DropboxによるFirefoxのプロファイル共有をサポートするアドオンDropfoxのバージョン0.3.1をリリースしました。Dropfox APIのrunFile関数に渡す引数の数がひとつの時にエラーになるバグを修正した他、オプションウィンドウのコード編集ボックスでタブキーによるタブ(\t)入力を可能にするなどの変更を加えました。
 

Dropfoxとは

 DropfoxとはDropboxなどを利用した複数の異なる環境をまたがったプロファイル共有をサポートするFirefox拡張機能(アドオン)です。環境変数や通常のJavascriptコードなどが記述可能な言わば「拡張版user.js」がOS別に複数使用できるようになります。これにより、キャッシュフォルダの位置やダウンロードファイルの保存先、外部エディタのパスなど、一部の設定だけをその環境に適した値に変更できます。
 

Dropfox 0.3.1 の主な変更点

  • Dropfox APIのrunFile関数で引数がひとつのときにエラーが出るバグを修正
  • Dropfox APIのexecFile関数に渡す設定ファイルのパスに変数を含むことができるように変更
  • オプションウィンドウのコードカテゴリタブのテキストボックスでタブキーによる\t(0x09)の入力を可能に
  • オプションウィンドウに「その他」カテゴリ追加
  • オプションウィンドウの「OK」や「キャンセル」ボタンをダイアログボタンから通常のボタンに変更
 

インストール

Dropfox公式サイト
 
addons.mozilla.org
 
上記2つのリンク先のどちらからでもインストールできますが、addons.mozilla.orgの方はアカウント登録が必要です。addons.mozilla.orgでインストールした場合は自動アップデートチェック機能は利用できません。公式サイトの方でインストールした場合は自動アップデートチェック機能が利用できます。  
 

execFile関数に変数を含んだパスを渡せるようになった

 なぜ前バージョンでそうしなかったのか自分でもわかりませんが、Dropfox APIの任意の設定ファイルを実行する関数のexecFileに変数を含んだ設定ファイルのパスを渡すことができるようになりました。
execFile("${USERPROFILE}/myPref.js");
これだけでパス中の変数を変換し、設定ファイルをロードして、中身をJavascript文字列として評価(実行)してくれます。
 

タブキーによるタブ入力をサポート

 オプションウィンドウのコード編集テキストボックスでキーボードのTabキーによる\t(0x09)の入力が可能になりました。少しは編集しやすくなればと思います。複数行を選択して一括インデント(Tabキー)、逆インデント(Shift+Tabキー)もできます。新たに追加した「その他」カテゴリでON/OFFを切り替えることができます。また、不完全な実装ではありますが、\tの代わりに任意個のスペース(0x20)を使えます。
 

今後の方針

 バージョン0.4.0系以降ではDropboxフォルダ外部にあるプロファイルフォルダとDropboxフォルダ内にある任意のフォルダとをペアリングし、Firefox起動時、終了時にそのフォルダ間で同期を行う機能を実装していこうかと思っています。
 プロファイルフォルダを丸々Dropboxで共有することにいくつかの問題があることは重々承知しているのでそのあたりを改善していけたらと思います。
 
 
スポンサーサイト
2009-02-23 05:44 | Dropfox | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。