スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
X05HT+BluetoothゲームパッドBGP100で快適エミュ操作
投稿日時 : 2009-04-20 23:05
X05HT + BGP100 装着
 
 スマートフォンで使えるBluetoothゲームパッドBGP100を購入してみました。2009年04月現在、X05HTで使えるという情報が見当たらなかったのでちょっと不安でしたが問題なく動作しているようです。
 正直、ゲームはまったくといっていいほどやらないんですが、スマフォで動くBluetoothゲームパッドがあると知ってしまった以上、動かしてみずにはいられない、というのが購入の一番の動機ですw
 

注文する

 Amazonなどの日本の通販サイトは軒並み売り切れで入手困難な状況にあるようではじめどうしようかと思ったんですがDealExtremeという香港?のあやしい?通販サイトで発見。
 
DealExtreme: $30.51 MSI BGP100 Bluetooth Gamepad (1*AAA Battery Included)
 
このDealExtream、海外発送でも送料無料とか言っててあやしさ倍増だったんですが信じがたいことにほんとでした。英語苦手な人には苦しいかもしれませんが以下サイトなどを参考にがんばってみてください。
 
DealExtremeで買い物をしてみた トップページ - 7MC.ORG
 

無事到着

注文確定から発送までに12営業日かかるということだったのでマッタリ待ちました。でこんな感じの包装で届きました。
 
BGP100 Package
 
ドライバディスクと中国語で書かれた保証書とチラシ、おまけ的なストラップつき。
BGP100 Box BGP100 Contents
 

ドライバインストール

X05HTのBluetoothをONにしてBGP100の電源も入れます。X05HTをActiveSyncで母艦PCに接続し、母艦PCにドライバディスクをマウント。ディスク内のsetup.exeを起動(オートランが有効なら自動起動)します。
 
BGP100 Install 00
 
BGP100 Install 01
 
BGP100 Install 02
 
↓でモデル名を選択させられますが、Manufacturerを「HTC」にすると「Magician」しか選択肢がない。仕方ないのでとりあえずこれでいきましたが今のとこ問題なさげです。
BGP100 Install 03
 
BGP100 Install 04
 
X05HT本体側にダイアログが出るので「はい」をタップ。
BGP100 Install screen 1
 
BGP100 Install 05
 
BGP100 Install 06
 
BGP100 Install screen 2
 
ドライバなんだしここはデバイスにインストールするべきでしょう。 BGP100 Install screen 3
 
BGP100 Install screen 4
 
BGP100 Install screen 5
 
完了
BGP100 Install 07
 

設定

スタート - プログラムの中に「GamePad」が追加されます。
BGP100 Install screen 6
 
シンプルな設定画面
BGP100 Install screen 7
 
X05HTのBluetoothがONになっており、BGP100の電源が入っているのを確認して「Active GamePad」にチェックを入れます。画面右上の赤ぽちが緑になったら正常に接続できています。
BGP100 Install screen 8
 
「Reconnection」は2回目以降の接続速度を上げるための設定です。一度も接続してないのに先にこの機能を有効にするのはやめてくれってドライバディスク内のマニュアルPDFに書いてあるのでやめましょう。
 ボタンの割り当ては設定画面の該当キーをタップ後、ハードキーを押すという通常の手順で設定可能です。
 

動作確認

 動作確認したエミュレータをリストしておきます。他のもたぶん問題ないはずです。
  • PocketSNES 1.12.200 (Preview 4.1)
  • GunboySE/03 0.01.2003714
  • PocketNester 0.7

良かった点

  • 携帯ゲーム機っぽくなる。
  • 段違いにボタンが押しやすい。
  • 十字キーのおかげで格ゲーなども楽しめるレベルで操作可能。
  • スライドキーボードを使う必要がないのでランドスケープモードに対応してないエミュでも閉じたまま操作可能。
  • 挟み込み機構で想像以上にしっかり固定してくれる。

問題点

  • Selectボタンがない。当然付いてるものとおもってたのでびっくりした。特にSNESのときに余りボタンがないので困る。
  • LボタンとRボタンが異常に押しにくい位置にある上にバネが粗悪。
  • エミュレータ起動後に設定画面が開けない。ウィンドウタイトルは「GamePad」と表示されるけど設定画面自体は表示されない。今のとこX05HT本体再起動すれば復活することを確認済。
  • 反応速度的にタイミングがシビアなアクションゲームはきびしいかも?0.1~0.2秒ぐらいタイムラグがあるような気がする(マニュアルによるとメモリが足りないとタイムラグがデカくなるっぽい)。
  • X05HTの本体サイズに微妙に合ってない。挟み込み機構でどんなサイズのデバイスにも装着できるように工夫されてはいるが、X05HTの場合、画面を地面と垂直にするとボタンが若干左に傾いた状態になる。本体に装着せず完全に開いた状態で使うか、ボタンの割り当てを変更して閉じたままで使うという手もあるかもしれない(閉じたままだと十字キーの左が下になるので)。

総評

 まあ買いでしょうこれは。本体3000円、送料無料で快適エミュ生活が手に入るわけですから。若干の欠点には目をつぶれるメリットがあるかと思います。
 
 
スポンサーサイト
2009-04-20 23:05 | X05HT | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。