スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
自宅サーバがお亡くなりになりまして
投稿日時 : 2009-11-03 07:32
 2日前の「Firefox拡張 Dropfox 公式サイト移転のお知らせ」の移転先の自宅サーバが先程お亡くなりになりましたw。これ何てディザスター?
 
 久々に再起動かけた時に微妙にいつもと違うタイミングと音で電源が落ちた気がしたんですが、そのときはあまり気にとめず、席を外して戻ってくるとサーバが起動してないことに気づく。で、電源ボタンを押すも何の反応もない、とw。ハードウェア故障確定。
 
 データを失う痛みと苦しみと絶望と復旧にかかる途方もない時間は過去に何度も経験してるのでバックアップはかなり厳重にとってあって、そのあたりはとりあえず安心してました。が、中開けて見ると
 
グラフィックチップクーラーの止めピンがない
グラフィックチップクーラ?の固定金具をひっかける止めピンがなくなってるww
 
グラフィックチップクーラーの止めピンがない
発見!!本体を振ったらカラコロ出てきました。
 
どうやらこの止めピンが抜けた勢いで跳ね上がり、マザボの各地をショートさせたっぽい?まあ確証はないんですけど・・・
 
 ここで心配になったのは内蔵HDと内蔵HDのバックアップ保存先の外付けHDもショート時にやられた可能性があること。もちろんバックアップのバックアップももう一台の外付けHDにとってありますが、両方同じマシンにつながってたらこういう場合は意味ないことに気づく。バックアップのバックアップのバックアップもDVDに焼いてありますが、さすがにこれは手間がかかるので3ヶ月に1回ぐらいの頻度。
 いや、こんだけひっぱいといてアレなんですけど、結局内蔵のも含めてデータは全部無事でしたw。友人のホームページもウチで動いてるってこともあって一瞬肝を冷やしたので、今回のことでさらなる厳重でこまめなバックアップを肝に銘じました。
 
 で、仕方なく一時的措置としてメインマシンにサーバ機能を移設。こういう、サーバ専用機がやられた時を想定して、他のマシンがすぐに代替サーバとして稼働開始できるよう、デスクトップ2台、ノート2台のすべてのWindowsマシンでパーティションやディレクトリ構造、ファイルの配置なんかを統一してあります。なので最新のサーバ関連データを同じ場所にコピーして、サービスの登録、IPアドレスの設定をやればほぼ作業完了です。実際、専用機の死亡判定から2時間未満でHTTP/FTP/SMTP/POP/SSHD/VNCその他のサーバとサービスの復旧を完了させることができました。備えあればなんとか。
 
 
 さて次のサーバ専用機はどうしようか。一人暮らしなのに電気代が毎月1万近いので、節電の為にも割とスペックの高い中古ノートPCにでもやらせようかな?いまあるノートは負荷に耐えられそうにないし。
 
 
スポンサーサイト
2009-11-03 07:32 | Server | Comment(0) | Trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。