スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
[openSUSE11.0] 音量を上げても音が小さいときの設定
投稿日時 : 2008-07-16 12:58
FedoraやUbuntuでもそうだったけど、openSUSE11.0もインストール直後はマスターボリュームと物理ボリュームをマックスに上げても低音がまったくない、蚊の鳴くような音しか出ない。うちの環境だけなのかもしれないけど。
 こういうときはサウンドミキサーKMixを開いて(デスクトップ上のボリュームアイコンをクリックして「ミキサー」とか)、「設定」→「チャンネルを設定」を開く。
 
external amplifier
 
「External Amplifier」にチェックを入れて閉じるとミキサーに「External Amplifier」が追加される。
 
check external amplifier
 
 これの「ミュート」にチェックを入れると音声が通常の大きさで出力されるようになる。ただしチェックを入れた瞬間に音が大きくなるので何か音声を再生しながら作業するときは注意したほうがよさげ。
 
 10.3ではサウンドデバイス自体が認識されなくて面倒だったので放置したんだけど、今回初めてopenSUSEの音が聞けた。ウィンドウ最大化したり閉じたりするときに効果音が出るんですねー。10.3もそうだったかは知りませんが。
 
 
スポンサーサイト
2008-07-16 12:58 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/122-baeb4c53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。