スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
[openSUSE11.0] mp3やFlashなどを再生可能にするメモ
投稿日時 : 2008-07-16 14:43
 mp3などのプロプライエタリなソフトウェアは特許やらポリシーやら何やらでopenSUSE本体とは一緒に配布することができません。なのでmp3やDVDを再生したいときはユーザが自分で作業する必要があります。本来は個別にインストールして面倒な作業になりますが、以下で配布されているympファイルを使えば一括インストール可能です。
 
Multimedia - openSUSE-Community
download
このひとつのパッケージで以下のものが一括でインストールされます。
  • Flash
  • Java
  • Latest Amarok (with MP3 Support) for KDE, or Helix-Banshee for GNOME users
  • Encrypted DVD (libdvdcss)
  • Extra xine Codecs, for MPEG-4 etc. (libxine1)
  • K3b with MP3 Support (k3b-codecs)
  • Win 32 Codecs (w32codec-all)
他にもオプションでOpera, KMPlayer, Kplayer, MPlayer, Azureus, VLC, Codeineなどの様々なソフトウェアをインストールすることが可能なようです。
 
install 1
 
以下のリポジトリが追加されます。[openSUSE] 必須リポジトリの追加で追加したリポジトリとURIがかぶっているものもあります。重複している場合は後で削除しても構わない(・・・と思う)。
install 2
 
GnuPGの取り込みを許可します。第三者のリポジトリを追加するときは危険が伴うことを認識し、信頼できるリポジトリ提供者かどうかを確認するようにした方がよさそうです。
install 3
 
install 4
 
完了。
install 5
 
mp3などをAmarokなど対応プレーヤで再生できるか確認する。そのほかYouTubeやニコニコ動画でFlash、ヤフオクの「詳細な残り時間」などでJavaの動作が確認できました。
 
 


スポンサーサイト
2008-07-16 14:43 | Linux | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/125-2cceec16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。