スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
[MDIEスクリプト] MD5ハッシュ値を比較する『comphash』
投稿日時 : 2008-08-13 18:50
 2ファイルのMD5 ハッシュ値を簡単に比較できるMDIEスクリプト、『comphash』を作ったので公開します。
 
e00132_comphash_demo1.jpg
 
 MDIEのスクリプトに登録後、MDIE上でMD5ハッシュを求めたいファイルを選択して実行するだけです。動作にはMd5Com.dllが必要です(後述)。MDIEへの登録方法や実行方法はMDIEのヘルプなどを参照して下さい。
 

■comphashのダウンロード

comphash 1.00本体のダウンロード 動作確認:WindowsXP Pro SP2 + MDIE Ver 0.3.0.0 RC6(2008-01-06版)
 

■動作にはMd5Com.dllが必要

 MD5ハッシュ値の取得にはMd5Com.dllを使用しています。以下からダウンロードしてインストールしてください。
AspMD5(Windows95/98/Me / プログラミング)
 
 Md5Com.dllのインストールは「ファイル名を指定して実行」から可能ですが、コマンドが苦手な人はregsvr32のGUI版、GuiRegsvrを使用すると簡単かもしれません。
GuiRegsvr(Windows95/98/Me / プログラミング)
 

■Md5Com.dllのインストール手順

 「ファイル名を指定して実行」でコマンドによるMd5Com.dllのインストール手順を紹介しておきます。コマンドが苦手な人は上記のGuiRegsvrを使うと簡単にインストール・アンインストールできると思います。
 
「ファイル名を指定して実行」で
%windir%\system32
を実行して開いたフォルダにMd5Com.dllをコピー後、
regsvr32 %windir%\system32\Md5Com.dll
を実行します。
install md5com.dll
 
以下のように「~Md5Com.dll の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されればインストール完了です。
Md5Com.dll install complete
 

■Md5Com.dllのアンインストール手順

「ファイル名を指定して実行」で
regsvr32 /u %windir%\system32\Md5Com.dll
を実行します。あとはMd5Com.dllを削除すれば完了。もし削除するときにエラーが出る場合はWindowsの再起動後にもう一度削除を試みて下さい。
 

■使い方

 基本的な使い方はMDIEのスクリプトとして登録して、MDIE上で1つ、もしくは2つのファイルを選択後スクリプトを実行するだけです。実行後、ファイル情報とMD5ハッシュ値が表示されます。その下部には以下のようなアクションの一覧が表示されます。
0 終了(Esc)
1 File1と次のファイルを比較
2 File2と次のファイルを比較
3 File1のハッシュをコピー
4 File2のハッシュをコピー
5 File1のパスとハッシュをコピー
6 File2のパスとハッシュをコピー
7 両ファイルのパスとハッシュをコピー
8 全情報をコピー
9 クリップボードをクリアして終了
各行の先頭の番号を入力して「OK」ボタンを押すとそのアクションが実行されます。
 
 2ファイルを選択して実行した場合はその2ファイルのMD5ハッシュ値を比較します。1つのファイルを選択して実行した場合、「1 File1と次のファイルを比較」アクションを実行した後なら、自動的に比較が行われます。比較用のデータはクリップボードに保存されています。
 

■動作設定の変更

 ソース中の以下の箇所の値を変更することで動作を多少変更することができます。
////////////////
//設定変更開始//
////////////////

//処理確認ダイアログを表示するファイルサイズ(MB)の閾値(デフォルト:100)
var COMFIRMSIZE = 100;

//結果をフルパスで表示(1:フルパス/0:ファイル名のみ/デフォルト:1)
var FULLPATH = 1;

////////////////
//設定変更終了//
////////////////
COMFIRMSIZE : 処理対象のファイルが数百MBあったりすると処理に長い時間がかかって、その間MDIEが応答しなくなります。これを避けるためある一定以上のサイズのファイルの場合、処理を実行するか事前に確認できます。その確認ダイアログを表示するサイズをMBで設定します。
 
FULLPATH : 実行結果に表示するファイル名をフルパスにするか、ファイル名のみするかを設定できます。1でフルパス、0でファイル名のみになります。
 
 
他にもいくつかMDIEスクリプトを公開しています。
カテゴリ:MDIE Script
 
 
スポンサーサイト
2008-08-13 18:50 | MDIE Script | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/132-d4e42eea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。