スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
OperaがMicrosoftを提訴 - IEのバンドルは不法と主張
投稿日時 : 2007-12-14 16:58
 ウェブブラウザ「Opera」を出してるOpera Softwareは、MicrosoftがWindowsにInternet Explorerをバンドルして販売しているのは消費者の選択の自由を不当に奪っており、不法だとして欧州委員会(EC)に申し立てたようです。
 
オペラ、マイクロソフトに対する不服を欧州委員会に申し立て:ニュース - CNET Japan
Opera,MicrosoftをECに提訴,WindowsへのIEバンドル禁止などを要求:ITpro
Opera、「Microsoftのブラウザ戦略が不公正」とEUに提訴
 
 
 ちょっと前にもWindowsMediaPlayerのバンドルに不法判決が出て罰金6億ドルの支払いが命じられている。
Microsoftに対するEUの反トラスト法訴訟が業界に与えた影響:ITpro
 
これで裁判になってMSが敗訴するとWMPのときみたいにIEが搭載されていないWindowsを販売しなければならなくなったりするのかも。しかしIEはOSと深く関わりすぎていてそれだけを剥がすのは不可能に近いという話を聞いたことがある。MSにしたらこれは最も恐れていた事態かも。
 
 
 このOperaブラウザ、最近ではWiiや携帯電話に搭載されたりしてある程度知名度は上がってきてるようだけど、まあまだまだIEのシェアは崩せそうにもない。
 
世界のブラウザシェア統計
W3Counter - Global Web Stats
 
Operaシェア0.91%!ん~低い。IE6とIE7を合わせると約63%。Firefoxがここ数年で一気に20%までシェアを伸ばしたおかげで、数年前のようにIEシェアが90%を超えているというおかしな状況は打破されつつあるが。
 
このシェアが1%にも満たないOperaですが、じゃあショボいのかというと決してそんなことはなく、起動速度、ページ描画速度などはあらゆるブラウザの中で最速。
 
最速のブラウザはどれ? - GIGAZINE
JavaScriptを最速で実行できるブラウザはどれ? - GIGAZINE
 
普段ブラウザが重いと感じている人は一度Operaを使ってみると感動すると思う。古いPCほど体感速度に大きな違いが出る。
 
 で、こんないいもの作ってるのにシェアが低いのはMSの非道なバンドル政策のせいだと。さらにOperaが言うには
INTERNET WATCH
 Operaはこの訴状の中で、Microsoftが同社のブラウザであるInternet Explorer(IE)をWindows OSに結び付けていると同時に、一般的に受け入れられているWeb標準規格に従わないことによって互換性を邪魔することで、支配的な地位を築いていると指摘している。
この主張は分からないでもない。IEは標準規格に準拠しようと努力してるようにはまったく思えない。そういうOperaもちょっとあやしいが。規格準拠度ではオープンソースなFirefoxに分があるかな。とにかくOSの独占的なシェアを利用して、規格外なIEをユーザに使用させることで、IE以外の規格準拠ブラウザへの移行を意図的に妨げているという主張なわけです。
 
CNET Japan
OperaはInternet Explorerのバンドル中止と、「基本的かつオープンなウェブ標準」の順守をMicrosoftに命じるようにECに要求している。
MSがWMPに続きこのIE訴訟にも敗訴して、規格準拠の方向に向かわざるを得なくなるとうれしい。クロスブラウザという言葉が死語になるときがくるのか。
 
 
[参考]
ウェブブラウザの進化系統図 - GIGAZINE
Firefoxの歴史、各種ブラウザの歴史 - GIGAZINE
ウェブブラウザ - Wikipedia
 
スポンサーサイト
2007-12-14 16:58 | News | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/42-2da8274e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。