スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
蹴り飛ばされても自力で立ち直る4脚ロボットの動画
投稿日時 : 2008-03-19 03:44
 これはかなりヤバい。まず気持ち悪いぐらい動きが動物的。動作音がウィンウィンいってるが明らかに機械よりも動物に近い印象を受ける。側面から思いっきり蹴り飛ばされても、氷の上で足がつるつる滑っても転ばずにバランスをとるのだが、そのバランスをとるときの足の動きなんかがまるで動物。結局動物や人間が究極に完成されたロボットの見本なのだろう。後半ではがれきの上を登り降りしたり、かなりの高さまでジャンプする様子が見れる。
 
YouTube - Boston Dynamics Big Dog (new video March 2008)

 
そもそも軍用に開発されているもので、戦場で装備を運ぶのに使われることを想定している。現在、運搬可能な積荷重量は約150キログラム。開発元の米Boston Dynamics社は既に米軍と最高4000万ドル規模の大型契約を結んでいる。
 
2007年の段階では積載量は70キロ程度だったみたい。1年未満で倍になるとは。かなり順調に開発が進んでるようです。
YouTube - Boston Dynamics BIGDOG Robot

 
ふと思ったがASIMOって蹴り飛ばしたらどうなるんだろう?w
 
 このロボットろばの開発にはDARPAが絡んでいるみたいですね。動画の最後にロゴが出る。完全SFな絵空事のような計画も大まじめに研究していることで有名ですが、前身のARPAは現在のインターネットの原型であるARPANETを開発したことでも有名。
 
[参考]
氷上で滑っても自力で立ち直るロボットろば『BigDog』:動画で紹介 | WIRED VISION
戦場で活躍するか?「ロボットろば」 | WIRED VISION
動物をヒントにした米軍の新型ロボット開発 | WIRED VISION

 
スポンサーサイト
2008-03-19 03:44 | Thecnology | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/84-d4d61bda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。