スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Ubuntu 8.04のsmbfsでWindows共有フォルダをマウントする
投稿日時 : 2008-05-07 11:42
 Ubuntu8.04をクリーンインストールしたので一から設定しなおしています。いろいろ忘れていることに気づいたのでメモ代わりに。

■smbfsはデフォルトではインストールされていない

 smbclientでWindowsフォルダにアクセスできるのに、-t smbfsや-t cifsでmountしようとすると「ファイルシステムタイプが間違ってるとかなんかそういうので無理」と言われる。
$ sudo mount -t cifs //192.168.0.2/z /mnt/smb/2z
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on //192.168.0.2/z,
       missing codepage or helper program, or other error
       (for several filesystems (e.g. nfs, cifs) you might
       need a /sbin/mount. helper program)
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so
 
そういえばデフォルトではsmbfsが入っていなかったことを思い出した。
$ dpkg --list | grep smbfs
$ 

■smbfsインストール

ということでsmbfsをインストール。
$ sudo apt-get install smbfs
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  smbfs
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
93.3kB 中 0B のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 193kB のディスク容量が消費されます。
未選択パッケージ smbfs を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 96387 個のファイルと
ディレクトリがインストールされています。)
(.../smbfs_3.0.28a-1ubuntu4_i386.deb から) smbfs を展開しています...
smbfs (3.0.28a-1ubuntu4) を設定しています ...
 
今度はちゃんと表示される。
$ dpkg --list | grep smbfs
ii  smbfs    3.0.28a-1ubuntu4  mount and umount commands for the smbfs (for

■マウント

でマウントしてみる。
$ sudo mkdir /mnt/smb/2z ←マウントポイント作成
$ sudo mount -t cifs -o username=itmst,password=hogefoo,codepage=cp932,iocharset=utf8,defaults //192.168.0.2/z /mnt/smb/2z ←ファイルシステムとマウントオプションを指定してマウント
$ ls /mnt/smb/2z ←マウント確認
Anime Backup Movie Music
$ touch /mnt/smb/2z/日本語ファイル名テスト ←日本語ファイル名が文字化けしないことも確認
$ ls /mnt/smb/2z/
Anime Backup Movie Music 日本語ファイル名テスト

■今回使用したマウントオプション

マウントオプションは-oオプションでカンマ区切りで指定する。
usernameログインユーザ名。Windows側でパスワード設定していないなら必要ない。credentialsオプションで外部ファイル化が可能。
passwordログインパスワード。Windows側でパスワード設定していないなら必要ない。credentialsオプションで外部ファイル化が可能。
codepage=cp932Windows-Ubutu間の文字コードの違いによる文字化けを回避する。iocharset=utf8とセットで使うことでWindows標準文字コードのShift-JISとUbuntuの標準文字コードUTF-8の変換を行う。
iocharset=utf8Windows-Ubutu間の文字コードの違いによる文字化けを回避する。codepage=cp932とセットで使うことでWindows標準文字コードのShift-JISとUbuntuの標準文字コードUTF-8の変換を行う。
defaultsrw, suid, dev, exec, auto, nouser, asyncを指定したのと同じことになる。
rw読み書き可能モードでマウントする。r(ead)とw(write)のこと。roならread onlyでマウント。
suidSUIDとSGIDを有効にする。
devファイルシステム上のデバイスを利用できるようにする。
exec実行可能ファイルの実行を許可する。
automountコマンドの-aオプションでマウントされるようになる。その他ファイルシステム関連のコマンドの対象にするかどうかにも影響する。
nouserroot権限を持っていない一般ユーザがマウントすることを許可しない。
asyncファイルシステムへの I/O が非同期で行われる。syncだと同期。asyncだと信頼性は落ちるがパフォーマンスは上がる。逆にsyncだと信頼性は高いがパフォーマンスが落ちる。
マウントオプションは他にもたくさんあります。以下ページなどを参照してください。
smbmount
Manpage of MOUNT

■/etc/fstabに登録して自動マウントさせる

/etc/fstabに以下の行を追記するとLinux起動時に自動的にマウントさせることができる。  
//192.168.0.2/z /mnt/smb/2z cifs username=itmst,password=hogefoo,codepage=cp932,iocharset=utf8,defaults 0 0
改行されて表示されいるかもしれませんが実際は1行です。  
 
スポンサーサイト
2008-05-07 11:42 | Linux | Comment(0) | Trackback(1)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://itmst.blog71.fc2.com/tb.php/99-2b2aa22a
ubuntu‐windows間共有フォルダの作成
研究室で二台のPC(windowsマシンとubuntuマシン)を併用して使っているけど、ファイルの受け渡しはメールに添付してやり取りするというめんどくさい...
  • 2009/06/03(水) 17:57:02 |
  • Creating is the essence of life.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。