スポンサーサイト
投稿日時 : -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ニコ動でプレーヤ部分まで自動スクロールさせるスクリプト
投稿日時 : 2008-04-09 19:38
更新日時 : 2009-07-08 18:26
追記:2009-07-08 18:26:改良版を公開しました → Electronic Genome - ニコニコ動画でプレーヤ部分まで自動スクロールするスクリプト改良版『nicoscroll2』
 
 

■概要

ニコニコ動画の再生ページでプレーヤ部分まで自動でスクロールしてくれる、Greasemonkey/SeaHorse/Trixie/OperaUserScriptの共用スクリプトを作りました。
 
画面サイズが1024x768とかだとプレーヤの縦幅がブラウザの表示領域の縦幅とほぼ同じなので、プレーヤをその表示領域にぴったり合わせるのが面倒。で、自動化してしまおうと。
 

■動作環境

動作はFirefoxのGreasemonkey、SleipnirのSeaHorse、IEのTrixie、OperaのUserScriptで確認。
 

■インストール

FirefoxでGreasemonkeyをインストール済みなら以下をクリックするだけでOK。他は各ヘルプを参照して下さい(大体はダウンロードして所定位置に配置後オプションから有効にするという流れ)。
nicoscroll.user.js  

■スクロール位置の調整

デフォルトでプレーヤの上端の部分までスクロールします。画面の縦サイズが768ピクセル以上ある今時なディスプレイだとそこまでスクロールする必要がないかもしれません。そういう時はスクリプト中の
var fix = 0;
となっている部分を
var fix = -200;
のように負の整数にするとスクロール位置を200ピクセル上に修正できます。もちろん別に200じゃなくてもかまいません。
あまり無いかもしれませんが、逆にもっとスクロールさせたい場合は
var fix = 200;
のように正の整数にするとスクロール位置を200ピクセル下に修正できます。
 

■ソース全文

すごく簡単なつくりです。
nicoscroll.user.js
// ==UserScript==
// @name           nicoscroll
// @namespace      http://itmst.blog71.fc2.com/nicoscroll.user.js
// @description    auto scroll to the player object
// @include        http://www.nicovideo.jp/watch/*
// ==/UserScript==

(function(){
  try{
    var fix = 0;
    var y = document.getElementById("flvplayer_container").offsetTop;
    window.scrollTo(0,y + fix);
  }catch(e){}
})();
2008-04-09 19:38 | user.js | Comment(1) | Trackback(1)
| これ以降の記事>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。